カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

自作釣竿の作り方グリップ選び(和竿編)

釣竿製作用グリップ目安(当店”竹材サイズの選び方

<タナゴ・ハゼ・小物の製作用>
グリップの測定太さはタナゴ竿なら布袋竹で10〜16mm程度が目安
ハゼ竿の手バネ式の細めなら15〜18mm程度
ハゼ竿リールシートを使う場合はギリで18mm(かなり細めとなります) 
通常で19〜22mm程度が目安

<わかさぎ竿製作用>
※リールを利用しての作りと手バネ竿のグリップではサイズが違います。

リールシート使用の場合は・・・グリップの太さは20mm〜23mm前後
手バネの場合は・・・ハゼ竿・タナゴ竿クラス 13〜16mm位

<キス竿>
グリップの測定太さ18〜22mm前後程度で継ぐ物の太さは8〜12mm程度の物が継げる感じです。

<カワハギ竿:小から中物船竿用>
グリップの測定太さ24〜25mm前後程度で継ぐ物の目安は10〜15mm前後です。

<筏竿・かせ竿>
グリップの測定太さは20〜23mm前後です。下向きリールで握り安いものなら細め・また穂先収納型の
製作場合は上記のサイズより若干大きくなる場合がありますこれは竹の容姿にもよります。
※解らない場合はお気軽にご相談下さい

<テトラ竿>
グリップ測定太24〜25mmが一番使われているサイズです。比較的細めのブランクで製作する時や内湾
の消波ブロックが小さい釣り場用ならこのサイズ以下また太いグリップで製作したい場合は27〜30mm前
後を使う方が多いです。

<へチ竿>
グリップの測定太さ20〜23mm前後が目安です。手返しの良い感じで仕上げるならこの範囲で若干細め
から標準範囲、ある程度長さが必要な場合または黒鯛以外の場合はこれより若干太いグリップとなる傾
向があります。

<パイプシートなどを使う場合の竿の製作>
グリップの測定太さ27〜32mm前後程度使用する(リールシートの外径の高さにより異なります)リールシート
の外径よりやや大きめの竹がお勧めです。ある程度太さがないとリールシートと接合させるために使用する
ストレートパイプの径が竹の方にあけられませんのでこの位の太さの数字がおおまかな目安となます。また、
あまりテーパーない寸胴の容姿の竹の方が迫力にはかけますが製作はし易いです。

グリップ目安について
一概にどうのような形の釣竿を作るかまたそれらを作りあげるために使うパーツにより【グリップサイズ目
安】
のサイズが必ず適している訳ではございませんので製作者様の構想に合った素材をお探し下さい。
対象魚の釣竿用グリップのサイズに規定はありませんのでお好きなサイズを選んでOK!
※いくら規定はないといえ極端なグリップ選びは見栄え・バランス的にも良い物ではありません

【注意する点】
グリップとして選んだ素材に継ごうとするパーツ(竹・チュブラー・ブランクなど)が継げるかまたはそれらが入れる
穴の加工がしやすいかも考えて選ぶことも重要となります。グリップの模様や太さだけではなく先外径も重視して
お探し下さい

複雑で解らない場合はお気軽にメール・お電話にてご相談下さい


容姿・模様・質・加工のし易い竹!
比較的優れた素材は各テゴリ(筏・へち竿製作用・船竿各種・その他・各種)に掲載しております。