カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

<手作り釣竿>和竿製作用布袋竹380mm商品番号sft113

【太目のグリップ大物用】

<手作り釣竿>和竿製作用布袋竹380mm商品番号sft113

価格:

1,500円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
問い合わせ
この商品について問い合わせる
指友達
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ


自作釣竿製作用竹材!

380-30-28(mm)
※計測は全長:元外径:先外径となっております。


【パイプシートの装着項目につきまして】
細め→小さ目なリールシート(FUJI DPS-16クラスの大きさ)
標準→中からやや大きめなリールシート(FUJI DPS-18クラスの大きさ)
太め→大きめなリールシート(FUJI DPS-20・22 T-DPS20クラスの大きさ)
パイプシートなどを装着しようとする場合で、『詳しく知りたい・不安な方』はお気軽に
当店お問い合わせコーナーよりメールまたは、お電話でご相談下さい
※一概に容姿によっても装着できるシート・接続するパイプが変わるため

注:製作用途は参考していただくための製作目安です。製作者様の設計により
お選び下さい

■製作用途目安■

製作用途  細め  標準  太め
 シャクリ竿      
 ルアー竿(グリップ)    
 玉(タモ)の柄      
 テトラ竿      
 パイプシートの装着    ●
       
       




【製作の仕方 1】
先内径に継げる物のサイズは(現状態の形)、先外形より4〜5mmを引いた物が最大で差し込む
ことができます。節をカットすることにより必然的に外径も太くなりますので若干これよりサイズの
大きい物が差し込めることになります。竹はどうしても工場製品と違いピッタリとはいきませんので
製作に余裕を見たい方は6mmを引いて下さい。そうするとだいたい製作の予定がつきます。

【製作の仕方 2】
パイプシートの装着の見方は、どこの部分で装着するかによります。あまり凹凸の少ない場所での
装着は【製作の仕方1】の数字でだいたい検討がつきます。見栄えが良い素材(凹凸のある物)は
太さから3〜5mm引くと一番低い位置です。(これも凹凸の形にもより一概には言えません<m(__)m>)
その低い位置の数字から強度分4〜6mmを引くと差し込めるパイプの大きさがおおよそ検討できます。

【製作の仕方 3】
製作の仕方1と2は、ある程度の見方です。この予測どうりできない部分もございますが、情報量が多
いことはかなり製作するのにも楽になります。何かを継ぐ場合継ぎ部分は薄い方が見栄えは良いです
強度を保てば必然的厚くなりますが、薄くしても強度保つために補強をすれば、計算式以上の大きい
物が差し込めることになります。これは、製作作者様により色々なやり方がありますのでどれが良いか
ということはありません。自作で作るということはある程度調整ができるものです。


一般和竿などの製作でプレートのリールシートをご使用の場合はどんな物も付けることができます。





 

【測定位

置】
  測定位置は、竹下部から100〜150mm間のコブの最大高さと
  なっております 。
  サイズの測定に関しては自然の物の測定で正確な測定は難しく
  若干のバラ ツキはでます。
  のでご了承の上ご検討いただきたいと思います。m(__)m
  dom10.gif