購入中の商品を見る マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の評価 サイトマップ
テトラ穴釣り和竿|楽しい和竿作りショップ釣具のkase
カーボンブランクス MLCSGガイド 色彩ガイド

楽しい和竿作りショップ釣具のkase

極太布袋竹|楽しい和竿作りショップ釣具のkase 小節丸節竹|楽しい和竿作りショップ釣具のkase 根付布袋竹|楽しい和竿作りショップ釣具のkase

らっきょう竹|楽しい和竿作りショップ釣具のkase

黒竹|楽しい和竿作りショップ釣具のkase
小節矢竹|楽しい和竿作りショップ釣具のkase

布袋竹赤鬼 布袋竹青龍

イカダ穂先

和竿たなご竿|楽しい和竿作りショップ釣具のkase

布袋竹極素材
プライスDOWN
カーボン中芯


【釣竿製作パーツ】ちぬ・筏竿製作用カーボンチュブラー880mm new

イカダ竿カーボンチュブラー|楽しい和竿作りショップ釣具のkase
BLack color
イカダ竿カーボンチュブラー|楽しい和竿作りショップ釣具のkase

筏竿製作用カーボンチュブラー
BamBoo color

筏竿製作用カーボンチュブラー

筏竿製作用カーボンチュブラー


■商品説明■
イカダ・かかり竿製作用カーボンチュウブラー、プロメーカーでも使用している
本格的イカダ竿パーツ、柔らかめの軟調カーボン素材を使用してるためグラス
に近いしなり方をします

※調子の関しては使用者によって感じ方は違ってきますのでご了承下さい。

高額なイカダ竿が低額で製作いただけます。


■商品サイズ■

素材:軟調カーボン
色:茶系(bamboo color)
  :黒色(Black)
完成予定製作サイズ:1380~1400mm
全長:880mm
外径:9.6mm
先端内径:2.6

適応穂先:2.6mm

●上記写真は当店の高感度超先調子 グラス545*2.57~2.58*0.28mm
サイズで対応できます。込み口は無垢でも合いますが、塗装するとより
一層かみ合います、又他メーカー2.6mm径の込の穂先も使用できます。

※他メーカーの2.6mm径穂先を使用する場合、大概はかみ合いますが
必ずも合う物でございません!微調整が必要な場合もございます。

注意:ご購入のチュブラーには穂先はついていおりません。
ご希望のお客様は、別途穂先をお求め下さい

■製作について■

リールシートの取り付けは、直接ブランクスに取り付け可能です。別途にリールシートを取り付ける
ためにストレートカーボン使用すると完成予定サイズを若干延長することも可能となります。

ストレートパイプを使用した場合、完成最大目安1.5M~1.6M未満に延長も可能です。

【釣竿製作パーツ】ちぬ・筏竿製作用カーボンチュブラー880mm

価格:

1,389円 (税込 1,528円) 6,898円 (税込 7,588円)

【ご注文商品】:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

●こちらのパーツも一緒にお求めいただけます。

イカダ竿カーボンチュブラー|楽しい和竿作りショップ釣具のkase

■穂先スペック■


545*2.6(実寸径2.57)*0.28(mm)
全長:元径:先径
タイプ:高感度 超先調子
 

穂先はジョイントの設計上実寸系2.57mmとなりますが、元竿2.6mm径に対応致します
塗装の分で丁度よくなります

VSSイカダバットパーツ|楽しい和竿作りショップ釣具のkas

Aタイプ:バット部分の完成品となります

VSSイカダバットパーツ|楽しい和竿作りショップ釣具のkas

Bタイプ;バット部分製作パーツで上記がセット内容となります。

VSSイカダバットパーツ|楽しい和竿作りショップ釣具のkas
Bタイプ:こちらの商品に取り付けたイメージです。後はセパレート部分を塗装すれば綺麗に仕上がります



■バット部分スペック■

完成全長:280mmのセパレートタイプを作るためのメタルパーツ&リールシート(写真参考)

内径:10mm


Aタイプ

完成品となります。全長280mmとなります。チュウブラーとの接合の仕方で最大12~14cmは竿の全長を
伸ばせます。


Bタイプ

バットパーツのみとなります。こちらのチュブラーに直接取り付けるタイプとなります。バット部分の全長については取り付け方により変わってきます。

※この商品はパーツとなり、バットとしては完成しておりません。製作者様がこちらの
チュウブラーにご自分で取りつけるためのパーツ一式です。

注意:チュウブラーと接合するにあたり、リールシートおよびメタルパーツとの隙間ができます
これをなくすには、スペンサーテープや接着剤の厚みで調整して接着剤で接合して下さい。
パイプシートの取り付けについては、基本スペンサーテープを使用することが大半です。

調整の仕方の参考にリールシートは違いますが、やり方は同じです。

ストレートパイプを使ったリールシートの取り付け方


ページトップへ